メラトニン


不眠の悩みに最終手段!40代に圧倒的支持!
↑↑↑
送料無料・代引き手数料無料です(・∀・)b

睡眠ホルモンがメラトニンと呼ばれています

質の良い睡眠を摂る事で生まれるホルモンがあるのをご存知ですか。
そして、そのホルモンが生まれることで老化現象を防ぐことが可能なのです。
それは睡眠ホルモンのメラトニンです。

 

メラトニンは、良い睡眠状態になると体内から発生します。

 

まず起床から15時間過ぎると脳から分泌されるのがメラトニンです。
そして脳から出たメラトニンは深夜2時にはかなり分泌されています。
これは、メラトニンの法則がまず朝に光を摂り入れてから全身に行き渡るのが暗くなった深夜だからなのです。
分泌は深夜に睡眠している時に活発になります。

 

人は少し薄暗い方が眠たくなるのはメラトニンの活動が活発だからです。
これが活発ではないと、睡眠リズムが崩れたりして、昼間眠たくなります。そして、睡眠ホルモンが分泌されないと、身体が回復しないので老化して行きます。

 

老年の方はメラトニンを体内に吸収することが難しくなって来るので普通に老化して行きます。
しかし、若者がメラトニン不足だと通常あり得ない老化現象をたどってしまいます。

メラトニンを作る為の成分ケール

しかし、人の身体からメラトニンを発生させるのは、
不規則な生活や、すでに乱れた睡眠リズムの人には難しいのです。

 

メラトニンの原料成分はケールと言います。
体外から摂りいれるには、青汁から補います。これがかなり効果的です。
しかし、青汁が苦手な方はどうするのかと言う、
ケールは少量ですがキャベツやブロッコリーにも含まれていますのでこちらを食べてみましょう。

 

またメラトニンが含まれるサプリメントを飲んで摂りいれることも出来ます。

メラトニンを発生させて老化を解消する

このようにして摂りいれたメラトニンは、睡眠にどのような効果をもたらすのでしょうか。
それは、メラトニンの発生によって脳の活動が活発になるからなのです。

 

活発になった脳の活動は何かによって解消されないといけません。
そうしないと脳が疲れてしまいます。それが、睡眠です。
良い睡眠が摂れるのは、大量のメラトニンが脳に働きかけて、それを全身に放出することで解消するからなのです。
するとぐっすり眠って疲れも取れるので、老化現象にはなりません。

 

・・・と言うことは良い睡眠が取れていないと、
せっかく脳にたまったメラトニンが開放されずに悪くなったままたまってしまうと言うことです。

 

すると頭が重い、眠りが浅い、だるい・・・と言った症状になって来る訳です。
そして、老化現象を悪化させてしまうのです。