睡眠薬


不眠の悩みに最終手段!40代に圧倒的支持!
↑↑↑
送料無料・代引き手数料無料です(・∀・)b

睡眠の為に睡眠薬を使わない

眠れないからと言って、すぐに睡眠薬に頼るのではいけませんよね。
そうしたら二度と睡眠薬なしではいられなくなりそうです。
身体にも睡眠薬ばかり使うのはリスクもあるしお勧めは出来ません。

 

そこで睡眠薬なしでも快眠出来る方法を幾つかご紹介しましょう。
どれも簡単に生活の中で気をつければ実施出来るのでぐっすり睡眠出来るように努力してみて下さいね。

様々な睡眠対策

  • 朝の6時から7時に起床する→光をあびる→これでメラトニンを身体に作る準備をする
  • おやつにメラトニンかトリプトファンを摂りいれる→メラトニン(青汁)、トリプトファン(バナナ、牛乳)
  • 夕食にはグリシンかトリプトファンを摂りいれる→グリシン(エビ、カニ)トリプトファン(とり肉、魚介類、たまご)
  • 夜の8時から9時の間には入浴する→睡眠前に身体の温度をあげておく
  • 夜の9時から10時には音楽を聴いたりしてリラックスする→テレビ、パソコンは脳裏にチラつくのでひかえる。
  • 夜の10時には眠るようにする→部屋の中は暗くしてブルー系の寝具で統一
  • 安眠枕やクール敷きパッドで身体をクールダウンさせる
  • 10時から11時にはぐっすり眠る
  • 睡眠してトリプトファン、グリシンの良い影響が体内に広がる
  • 深夜2時頃にメラトニンが体内に放出される→睡眠ホルモンが広がり良い睡眠になる
  • 朝→質の良い眠りのおかげでアンチエイジング効果で身体が疲れから回復する

睡眠対策は出来れば全部実施したい

様々な睡眠対策を列記しましたが、出来ればこれは全部実施したい項目です。
健康な生活は健康な食事と睡眠から始まります。実施しなければ、不健康な生活と睡眠の低下で老化現象が進みます。

 

しかし、いっぺんにこれだけを実施するのは大変でしょうから、自分が行っていることと行っていないことをチェックします。
そして、出来ていない部分があれば、それを実施してみます。
出来ていない部分が多い人は、まずはその中から自分が出来ることから始めます。

 

まず始めは何もしていない不健康な所からスタートするのでひとつでもやりとげることによって、あなたの健康生活と睡眠の質が向上します。
良い睡眠を手に入れる為、疲れを感じない朝を迎えられるように、がんばって下さい。

 

きっと、これらを達成出来た時には、健康で眠りの質が良くて肌のつやも若返って老化現象とは縁遠い人になっていることでしょう。

 

>>快眠のためにおすすめするサプリメントはこちら!